広島市議会議員(安芸区)

こんなに良き時代もあった日韓関係

 いい顔ふやそう。沖宗正明です。

 

 昨日深夜、統一地方選の後半戦の当選者が決まりました。2週間前、自分の開票状況に一喜一憂したことが遠い過去のようです。後半戦でも投票率の低さは覆うべくもありません。それぞれの自治体共通の悩みです。とくに豪雨災害に見舞われた坂町では、前回が無投票であったにしても、前々回の64.31%から10.19%もの低下です。

 

 先日、中曽根康弘元総理と、その政権の官房長官を務めた後藤田正晴両氏の回想録を読み返しました。見事な連携ぶりには驚くばかりです。このコンビだからこそうまく処理できたと思わせる危機が数多くありました。日米関係と日韓関係の改善、武器技術供与問題、三公社の民営化、ソ連による大韓航空機撃墜事件、イライ・イラク戦争での掃海艇派遣、三原山噴火時の全島民避難etc.よくもこれだけの大問題を処理できたものです。両者のコンビは戦後最強であったと思います。当時の日本は国際的に尊敬を集めるに足る国家でした。

 

 中曽根氏の回想で、そんなこともあったのかと信じられない感想を持ったことを挙げます。

 それまでの総理はまず米国を訪れたのちに訪韓していました。中曽根氏が総理に就任して最初に訪問したのは韓国でした。中曽根氏は、総理就任前から最初に訪れるべきは韓国であると考えて、韓国語を勉強しています(サミットを念頭に置いてフランス語も勉強しています)。韓国国会での演説の最初の三分の一と最後の三分の一を韓国語で行いました。これが韓国国民の琴線に触れました。中には涙を流しながら聞いた方もありました。当時の日韓関係は最悪で外交断絶に近い状態でした。中曽根氏はあらかじめ全斗煥大統領に電話し、関係改善への協力を要請しました。金浦空港で飛行機を降りると、日の丸が掲げられ、君が代が吹奏されました。しかし、総理一行の車列を迎える人の数は少なかったようです。ところが総理の演説もあって、日程を終えて空港へ向かうときには大勢の人が道路に出て、手を振ってくれました。

 

 現在の日韓関係を考えると、はるか昔のおとぎ話のようです。いまの大統領には期待するほうが無理でしょう。

  次回は中曽根政権での肚の座った閣僚について書きます。

 

安芸郡坂町の合同演説会

 いい顔ふやそう。沖宗正明です。

 昨日は統一地方戦の後半戦最終日でした。坂町では合同の演説会が開かれることを聞き、早速駆けつけました。

 演説会開始後約5分に着きましたが、会場の坂町民センターはすでに満席で、数十人が立ち見でした。坂町では、昨年の7月豪雨災害を受けて、今回は各陣営が選挙カーでの街宣活動を自粛したために、合同演説会を毎日1回開くことになりました。各立候補者は持ち時間3分でアピールします。それぞれに政策を訴えるのは当然ですが、パフォーマンスや態度、演説でのメリハリなどに個性が現れていました。わたくしも立ち見でしたが、疲れを感じることなく、充実した時間でした。聴衆も各候補者に対して拍手で応じ、野次もなくしっかり聞いていました。

 

 2週間前には我々が選挙戦を戦いましたが、有権者が各候補者を比較する機会がありませんでした。かつて、合同の立会演説会が開かれていたことがありましたが、野次がひどかったり、自分が応援する候補者の演説が終わったら立ち去るなどの弊害が出たために行われなくなったことを聞きました。もうそんな時代ではないでしょう。坂町では、誰一人途中で退席することもなく、聴衆のマナーも素晴らしいものでした。候補者が一堂に会して有権者の厳しい眼に晒される場が必要と感じました。それは行政が主導しなくても、民間の有志が主催してもいいでしょう。政策ではなく、縁故や飲食で票を集める候補者は嫌がるでしょうが・・・

f:id:okimune:20190421073305j:plain

 

原爆ドームを描き続けた画家、原 廣司さんの思い出

 いい顔ふやそう。沖宗正明です。

 日中は汗ばむ気候となりました。統一地方選の後半戦もあと3日間となり、各候補者も一層力が入るでしょう。

 

 14日、原爆ドームを描き続けた原 廣司さんが亡くなりました。享年87歳。原さんのプロフィールはマスコミで紹介されているとおりです。原さんは3300枚もの水彩画を残しました。淡い色を使った絵は何とも言えない暖かさがありました。原さんの優しさ、被爆者への愛が滲み出ていました。

 ある時、執筆中の原さんを訪ねました。「原さんが絵を描くお姿を拝見に参りました」と伝えると、細い眼をさらに細くして喜んでくださいました。それから2~3日後にわたくしの自宅に2枚の絵が届きました。

 

 優しさあふれる方でした。謹んでご冥福をお祈りします。

当選の喜びも半分

 いい顔 ふやそう。沖宗正明です。

 4月7日投票の広島市議会議員選挙(安芸区)で7回目の当選ができました。得票数は4,907票。得票率は21.2%で、前回の20.55%より少し上がりました。因みに、その前の平成23年には25.75%でした。これは出来すぎ。

 

 一応、安芸区ではトップでしたが、投票率は36.59%です。前回より5.17%も下がりました。約3分の1の有権者に選ばれたにすぎませんので、素直に喜ぶことができません。低い投票率の責任の一端はわれわれ議員にもあるでしょう。自分の力不足を痛感した結果です。

 

 スタッフの皆様が懸命に尽力していただいたにもかかわらず、この実態です。喜びも半分といったところです。

長かったような、短かったような選挙戦

 いい顔ふやそう。沖宗正明です。

 統一地方選の前半が終わりました。候補者だけでなく、その家族や後援会の役員、スタッフ、選挙管理委員会の職員etc、お疲れさまでした。

 

 今夜はすべてやり終えた充実感に包まれています。寝るのがもったいないような満足感です。久しぶりにゆっくり飲めます。この気分は候補者しかわからないものだと思います。とはいえ、明日の朝、目が覚めれば俎板の上の鯉です。

 わたくし自身の選挙結果もどうなることやら。

f:id:okimune:20190406125448j:plain

 

f:id:okimune:20190406233657j:plain

f:id:okimune:20190406234932j:plain