広島市議会議員(安芸区)

決算特別委員会で質問しました

 いい顔ふやそう。沖宗正明です。

 

 昨日、廿日市市長選が告示されました。わたくしは川本達志候補の応援に出陣式に駆けつけました。今回立候補した2名は前回も立候補しています。現職に敗れましたが、ともに1万票以上を得ており、接戦が予想されます。

 元参議院議員丸山和也弁護士も台風の中、来広して花を添えました。

f:id:okimune:20191013094332j:plain

f:id:okimune:20191013090937j:plain

 

 10月11日、平成30年度決算特別委員会の第2分科会(厚生関係)で質問に立ち、今の内容を質しました。

1.安芸市民病院について

 国から示された公的病院の再編成については、広島市安芸市民病院の名前が挙がりました。市の考えは、同病院はぜひとも残し、むしろ老朽化を考慮して建て替えを検討しているという内容でした。

 

2.受動喫煙対策

 平和公園は平成29年4月から全面禁煙になり、平和資料館の傍にあった喫煙ブースは平和大通りの南側、平和大橋西詰に移設されました。しかし、公園の南側、平和大通り北側のタクシー待機場には未だに灰皿があります。噴水の南側で平和大通りの北側は平和公園に含まれないのです。ここの灰皿は撤去すべきと質しました。JTとの契約が今年12月まで残っているので、これを機に撤去したいとの答弁でした。

 

3.加熱式たばこのリスクについては

 加熱式タバコはタバコの葉が含まれており、あくまでタバコです。わたくしは、紙巻きタバコと同様に規制すべきと述べました。答弁でも同様の考え方が示されました。

 加熱式タバコがタバコ関連疾患のリスクを減らすというエビデンスはなく、加熱式タバコはタバコ製品であって、紙巻タバコから加熱式タバコに変えてもそれは禁煙とは言えません。

 また、加熱式タバコにはニコチンが含まれています。ニコチンは高い依存性があり、特に子ども、妊婦、未成年者の健康被害に影響します。

 加熱式タバコで重篤な肺炎を起こした例も報告されています。現在、加熱式タバコのシェアの96%が日本です。日本が加熱式タバコの実験場になっていることも指摘しました。

関電疑惑の主は自然死なのか?

 いい顔ふやそう。沖宗正明です。

 広島市議会では、昨日から平成30年度の決算特別委員会の質疑が始まりました。新議員たちも積極的に登壇し、活気があります。

 

 関西電力の役員らが高浜町の元助役から3億円もの金品を受け取っていた問題がマスコミを賑わしています。受け取った側は、元助役が怖かったので保管していただの、のちに返還しただの愚にもつかない言い訳に終始しています。亡くなった元助役だけが悪いとのイメージを作るのに躍起になっています。みっともないとしか言いようがありません。

 いま思うのは、はたして元助役は自然死で亡くなったのかということです。税務署の手も伸びていただけに、いずれ司直の手に委ねられたことでしょう。口を封じられたのではないかとの疑念が晴れません

最近購入した本

 いい顔ふやそう。沖宗正明です。

 

 爽やかな風が吹いています。各地で祭りが行われていることでしょう。こどものころ、お菓子をもらえことが大変にうれしかったことを思い出します。

 

 最近購入した本をご紹介します。

f:id:okimune:20191005111316p:plain

「殺しの軍団」と恐れられた柳川組の元組長、柳川次郎のその後の生き方。韓国政府の中枢に深く食い込んでいたことに驚きです。極真空手大山倍達、東声会の町井久幸、力道山許永中などの名前が続々と出てきます。柳川が日韓親善に果たした役割の大きさは認めざるを得ないでしょう。

f:id:okimune:20191005105208j:plain

戦後最大の疑獄事件=イトマン事件の主役、許永中の自伝。

f:id:okimune:20191005105150j:plain

f:id:okimune:20191005105144j:plain

f:id:okimune:20191005105139j:plain

f:id:okimune:20191005105133j:plain

f:id:okimune:20191005105127j:plain

f:id:okimune:20191005105219j:plain

 

廿日市市長選の公開討論会に行きました。

 いい顔ふやそう。沖宗正明です。

 昨日18時から大野福祉保健センターで開かれた廿日市市長選の公開討論会に行きました。討論会に参加したのは元副市長の川本達志さんと市議(当選4回)の松本太郎さんです。お二人とも前回の市長選に立候補し、ともに現職の壁に涙を飲んでいます。川本さんは元副市長、松本さんはここ2回の市議選でトップ当選という抜群の知名度を誇っています。

 まず、それぞれのアピールを7分間行い、その後テーマ別に討論を行いました。テーマ別討論は3分間スピーチし、続いて追加の持論補強、または相手への質問が行われました。

 テーマ別の討論の前半は廿日市市全体に関するもの、後半は地元の大野町に関するもので、細かく政策が訴えられました。コーディネーターの仕切りは素晴らしいもので、みごとにお二人の考え方を引き出していました。アメリカ大統領選の討論会での醜い泥仕合の印象が強かっただけに、昨夜の討論会のレベルの高さが光りました。大変に興味深い内容で、2時間半が瞬く間に過ぎた有意義な討論会でした。

 さて、勝敗の結果ですが、わたくしには明らかに一方が優勢でした。現状認識が正確であり、政策に具体性があり、さらに財源も明らかにしていました。もう一方は、理念はよくわかりましたが、具体性や財源への踏み込みが足りませんでした。おそらく聴衆も同様に感じたと思います。

f:id:okimune:20191004093624j:plain

f:id:okimune:20191004093651j:plain

f:id:okimune:20191004093714j:plain

 

舞台公演「ペコロスの母に会いに行く」

 いい顔ふやそう。沖宗正明です。

 昨日、上野学園ホールで開かれた舞台公演「ペコロスの母に会いに行く」を鑑賞しました。製作総括の川阪実由貴はわたくしの友人です。劇団は日本各地を回っています。前日は下関、今日は岡山公演です。今月12日から15日には北京で公演します。

 認知症になった母(藤田弓子)と息子(田村亮)との親子愛を描いた喜劇タッチの舞台です。これに母の義弟(若林豪)や介護施設の職員(元おしん役の小林綾子)らが絡みます。ペコロスとはスペイン語で玉ねぎのことで、田村亮の禿げ頭から取っています。

 認知症を笑い飛ばし、時にはホロっとさせ、唄あり踊りありで、あっという間の2時間40分でした。当初、不入りが心配されましたが、800人の方のお越しいただき、ホッとしているところです。観客のみなさまにお礼申し上げます。

f:id:okimune:20191002135043j:plain

 

 余談ですが、楽屋を訪ねたとき、若林豪さんの大島紬の豪華さに圧倒されました。

f:id:okimune:20191001175650j:plain

f:id:okimune:20191001175838j:plain